[M1 iMac 2021]OBS Studioの配信/録画設定

この記事ではM1 iMac 2021でのOBS Studioの設定を画像付きで解説します。

広告

必要なもの

OBS Studioをインストール

バージョン27.2.4 (2022/4/16 現在)
バージョン28.0.3(2022/10/7 現在)

MacOS

MacOS

OBS Studioの設定

インストールが終わったら、OBSを起動します。

設定(一般)

特に何も変更しないで大丈夫です。
※配信時に自動的に録画にチェックを入れると異なるKbps配信録画をすることができます。

設定(一般)

設定(配信)

  • サービス:Twitch
  • サーバー:自動(推奨)
  • ストリームキー

ストリームキーは配信するサービス(Twitch)の設定からコピーアンドペーストかアカウントを接続(推奨)をするとストリームキーが取得できます。

設定(配信)

設定(出力・配信)

配信するサービスをTwitchにしているので、Twitchに合わせた配信設定にしています。
YouTubeだと配信設定(ビットレート)は変わります。

  • 音声トラック:6
    録画とは違う数字に入れてください
  • エンコーダ:アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ
    ※ハードウェアエンコーダにすることでPCの負荷が低くなります。
  • 出力をリスケールする:チェックを外す
  • ビットレート:5,000Kbps
    ※ビットレートの数字を上げることで画質が良くなります。
    ※最大映像ビットレート
    ・Twitch:6,000Kbps ・YouTube:51,000Kbps(4K)
  • キーフレーム間隔:2
  • プロファイル:main
  • Bフレームを使用する:チェックを入れる
設定(出力)

設定(出力・録画)

録画したものをYouTubeにアップロードする設定にしています。

  • 録画ファイルのパス:録画した動画の保存先
    ※新しくフォルダを作成したほうがわかりやすいかも(例:OBSrecord3)
  • 録画フォーマット:mp4
  • 音声トラック:1
    配信とは違う数字に入れてください
  • エンコーダ:アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ
    ※ハードウェアエンコーダにすることでPCの負荷が低くなります。
  • 出力をリスケールする:チェックを外す
  • ビットレート:50,000Kbps
    ※ビットレートの数字を上げることで画質が良くなります。
  • キーフレーム間隔:2
  • プロファイル:high
  • Bフレームを使用する:チェックを入れる
設定(出力/録画)

ビットレートの比較画像

設定(音声)

  • 一般/サンプリングレート:48kHz
    macOSだとAudio MIDI設定
    というアプリから見れます
    ※私の場合はUSB video Captureにあわせています。
設定(音声)

Audio MIDI設定

Audio MIDI設定

設定(映像)

  • 基本(キャンバス)解像度:1920×1080
  • 出力(スケーリング)解像度:1920×1080
  • 縮小フィルタ:ランチョス(先鋭化スケーリング、36のサンプル)
  • FPS共通値:60
    ※ネットワーク速度(上り)が高いと60でも大丈夫です。
設定(一般)

配信に必要なネットワーク速度(目安)

https://www.nvidia.com/en-us/geforce/guides/broadcasting-guide/

OBS Studioに画面・音声の追加

ゲーム画面の追加

シーンの追加

  1. シーンの左下の+(追加)
    名前を変えておくとわかりやすいです。
シーンの追加

ソースの追加

  1. ソースの左下の+(追加)
  2. 映像キャプチャデバイスを追加
    名前を変えておくとわかりやすいです。
映像キャプチャデバイス(ソース)の追加

映像キャプチャデバイスのプロパティ

  1. デバイス:キャプチャーボードの名前(USB video Capture)
  2. プリセット:1920:1080
    ※使用しているキャプチャーボードによって変わります。
映像キャプチャデバイスのプロパティ
画面サイズを合わせる
  1. 映像内で右クリック
  2. 変換
  3. 画面に合わせる
画面サイズを合わせる

ゲーム音声の追加

ソースの追加

  1. ソースの左下の+(追加)
  2. 音声入力キャプチャを追加
    名前を変えておくとわかりやすいです。
音声入力キャプチャ(ソース)の追加

音声入力キャプチャのプロパティ

  1. デバイス:キャプチャーボードの名前(USB video Capture)
音声キャプチャのプロパティ
ゲーム音声を聞くために
  1. 音声ミキサー下、音声入力キャプチャの⚙(歯車)のマーク
  2. オーディオの詳細プロパティ
  3. 音声モニタリング:モニターと出力
    モニターと出力にすることで自分でも音が聴こえるようになります。
  4. トラック:6(配信)と1(録画)にチェックを入れる
    OBSの設定(出力・配信)で音声トラックを6
    設定(出力・録画)で音声トラックを1
オーディオの詳細プロパティ

使用しているキャプチャーボード

JETAKuのキャプチャーボード
こちらのキャプチャーボードは2つのモニターに出力できる。ヘッドホン・イヤホンを接続できる3.5mmの音声出力もある。
iMacにUSB3.0(USB type-c変換が必要)で出力,ゲーム用モニターなどにHDMIケーブル2.0で出力できる。
※ヘッドホン・イヤホンはキャプチャーボードに接続するとOBSに音が入らないので、iMacに接続しないといけない。

OBS Studio Ver.28.0.3

新しくmacOS スクリーンキャプチャが追加された。

OBS Studio 28.0.3の画面

Lunes, 20 de diciembre de 2021 6:45pm

Sunday, April 17 2022(5:49am)
domingo, 17 de abril 2022